ショッピング枠現金化でキャンセルしたいのですが・・・

ショッピング枠現金化でキャンセルしたいのですが・・・

ショッピング枠現金化をするに当たって、私は比較サイトに目を通すことをオススメしています。

 

誰が執筆しているのか分かりませんが、情報を取り入れる手段は確実にこのルートからしか取得できないからです。

 

業者に直接連絡することも良い事のように思えますが、店員としては問合せた見込み客を逃さんぞ、という気持ちでしょうから、こちらの質問が相手に取って都合の悪い内容の場合には、真っ当な返事をもらえる保証なんてありません。

 

もしかしたら比較サイト自体も、ショッピング枠現金化の店員が書いている可能性も否定できません。

 

無店舗型が多くキーワードを独占している中で、実店舗型は蚊帳の外に置かれているのが実情であり、店舗型も苦肉の策としてAamzonギフト券の換金方式を取り入れているお店もあるように、ほぼ市場は無店舗型に占められています。

 

無店舗型とはまさに、サイトを作成しWEBで集客する事に長けているわけですから、ちょっとした知識がある店員がいるお店は比較サイトすらも作成出来ると思いませんか?

 

比較サイトも何でも良いという訳でなく、情報内容が店の紹介だけという誰にでも執筆出来そうな内容の場合は、どこかの店員が自分のところにトラフィックを流していると考えた方が、何かとトラブルを回避する盾となります。

 

ここまで利用する前に下準備をしたとしても、気が変わる事があるのが人間です。

 

手続きが終盤に差し掛かり、やっと具体的な金額や最終的な換金率の提示を受ける業者が大変多い中で、提示された数字が悪いのでキャンセルしようとしますと、断られるケースがあります。

 

最初っから説明しろよ!と怒鳴り散らしたこともありましたが、状況は好転せずにそのまま既に手続きが進んでおりますのでと一方的に送金をされてしまったことがあります。

 

後日、他のショッピング枠現金化を試したところ、同様にキャンセルを依頼した場合の対応について尋ねてみたところ、商品の返却もしくは買取証明の返却と商品の返却、買取型であれば購入先にもその旨を伝えてくださいとおっしゃってくれた店員さんも居ました。

 

ハッキリ言って悪徳まがいの店舗に遭遇する確率はかなり高いのではないでしょうか?

 

前述したように、故意に露出されるよう情報操作を行っているショッピング枠現金化業者の中に、優良であるのか悪徳であるのかなんて申し込みをしなければ解き明かすことの出来ないパンドラの箱です。

 

Amazonギフト券は特にコードで有る為にキャンセルの可能性は0%ですが、その他の取引につきましてはキャンセルが必ず出来るはずであり、諦めないでほしいと思います。