「現金化 三つ葉 ストア」←これは一体?

「現金化 三つ葉 ストア」←これは一体?

ショッピング枠現金化とは違ったモノで換金する事が出来るモノがある事をご存知でしょうか?

 

最近よく目にするAmazonギフト券Eメールタイプも、ショッピング枠現金化とは異なる切り口で集客をしていますが次第に既存の従来からの方式を使った換金手段を取る業者たちも、このギフト券を媒介物として利用するケースが増え、結果的にイコールであるという解釈になっています。

 

実際にこの業態について検索しますと、抱き合わせで掲載している比較サイトやショッピング枠現金化はAmazonギフト券Eメールタイプを換金する事のように紹介する情報を見つける事が出来ます。

 

そして今回記事のタイトルに付けられた「現金化 三つ葉 ストア」とは、googleで「現金化」と入力した際にサジェスト(補足)される言葉です。

 

一見、ショッピング枠現金化業者の一つという印象を受けますが、同じ現金化ながら実は携帯電話のキャリア決済による電話料金の換金が業務内容なのです。

 

そもそも検索エンジンにこのように表示させる為には、単純に世間の方々に周知されて多くの人々が検索すると「これは人気のあるキーワード」という事で補足されるのですが、意図的に表示させる為に機械的に検索回数を重ねる事で表示させる事が出来ます。

 

これは全く対策されていないという事は無く、定期的に更新されているようなのですが、今現在表示が確認できる携帯電話料金の換金とショッピング枠現金化の違い等について考察します。

 

携帯電話の換金にクレジットカードは使わない

 

同じワードで集客している背景には、携帯電話を使う換金の認知度が低い事と広告する場所や媒体が存在しない事が挙げられます。

 

そして、お金が無いという属性を持った利用者を探すためには同様のショッピング枠現金化業界に沿う事で、これまで知られていなかった方法を知らせる事が出来るという意図でこうした手法で広告していると推測されます。

 

さらに、携帯電話は一人一台当たり前に所有している現代社会でありながら、クレジットカードよりも取得のハードルが低く、与信枠の概念が無い事もあって換金しやすいようですが、決してこう換金率で取引されていないようです。

 

また、夕方のワイドショーで特集が組まれた事もありますが、テレビ局員側の追及によってキャリア側から決済ラインを断たれるという処分も放映されていましたので、違法性についての認識は互いにあると考えられます。

 

現状表だって事件になっていませんが、利用しない方が賢明と言えそうですね。