ショッピング枠現金化は違法なのか?

ショッピング枠現金化は良い存在?悪い存在?

お金が手元にない、そんなときにどのような方法で現金を手に入れようとしますか?もちろん困っていない方は想像してみてください。

 

ほとんどの人は今以上に働くことを考えたり、手持ちの物を売ったり、よほど切羽詰まった状況でもない限りは少なくとも法に触れるようなことをしてまで現金を手に入れることは考えません。

 

では、よほど切羽詰まった状況の人はどうやって現金を手に入れると思いますか?実は、世の中にはグレーな方法で現金を手に入れる方法がいくつかあり、ショッピング枠現金化がそのうちの1つとして利用されている事が明らかになっています。

 

ショッピング枠現金化は、本来買い物専用の枠として与えられたショッピング枠を換金するという方法で現金を手に入れるサービスで、そのショッピング枠は買い物専用という特性がある為に審査も緩く、無担保で利用できる事がメリットとして紹介されます。

 

また、キャッシング枠よりも多めに設定されていることもあり、通常の買い物であればショッピング枠を使って日々を過ごすことは簡単ですが、問題はこのショッピング枠専用の枠を現金に換えるということが、カード会社との規約に違反するということです。

 

この点において、ショッピング枠現金化はカード会社にとって悪の存在となります。

 

カード会社から見ればショッピング枠現金化は詐欺行為とも言え、基本的にショッピング枠を使った物は、支払いが終わるまではカード会社に所有権があると言われており、これを勝手に売りさばいたりすると、カード会社から金品を騙し取ったとして横領罪に該当しますね。

 

後日に支払いをするつもりであったとしても、横領罪は成立する事が際立たせますが、反対に、ショッピング枠現金化業者や、その利用者から見たショッピング枠現金化はどのようなスタンスを取っているのか考えてみましょう。

 

ショッピング枠現金化業者は肯定する事が当たり前

 

考えるまでもないですが、法律違反ではない、悪ではないと言い張るのは明白でしょう。

 

そこに抜け道があるからこそ事業を行っているのであって、参入の余地が無ければ捕まるつもりで営業する人間はよっぽどですが・・・。

 

業者は使ってもらえば利益が上がり、利用を促すために法律には違反してないと言うでしょう。

 

利用者は現金が欲しい為にそれを鵜呑みにしてグレーだから大丈夫と解釈する方もいらっしゃるでしょう。

 

自分は悪くないと思い込みたい利用者の気持ちは分かりますが、他人のせいにしても換金した事によって生じたトラブルは自分で処理する事になります。

 

業者の言うことを鵜呑みにするくらいにクレジットカードの知識がないならば、いっそクレジットカードは持つべきではないと当サイトでは考えており、クレジットカードの利用において、無知は罪であると言っても過言ではないでしょう。

 

これを読んだ人には、まずは自分のクレジットカードの利用規約を1から読み直すことをおすすめしたいと思います。