ショッピング枠現金化でリボ払いをしたいときに

ショッピング枠現金化でリボ払いをしたいときに

クレジットカードで買った商品の支払いをする場合、一括払い、分割払い、リボ払いを選べると思いますが、ショッピング枠現金化でも同じように、支払方法を選ぶことができます。

 

選ぶことができる、というのは、クレジットカード会社に設定された枠の範囲でできるということです。枠が全体で50万円であっても、分割枠は10万円、リボ枠は30万円など、契約の内容によって違います。

 

ショッピング枠現金化を利用する際、余裕のある人であれば翌支払日に一括払いができますが、大体の人が分割やリボ払いで利用を考えていると思います。特にリボ払いであれば、月々の支払額を一定にできるので、リボ払いを考えている人が多いのではないでしょうか。

 

ショッピング枠現金化でリボ払いをするメリットとしては、どれだけ大きな金額を取引したとしても月々の支払いを一定にできるということです。支払いが一定であるならば返済計画も立てやすく、自分の支払い能力に応じた金額で支払いができます。

 

一方で、リボ払いを利用するデメリットもあります。

 

1つ目に、金利手数料が高いということです。大体のクレジットカード会社はリボ払いの金利手数料を上限の年利15%としています。これはどういうことかというと、10万円の支払残高に対して1年で1万5千円の金利手数料がかかるということです。実際は日割りで計算されますが、金額が大きければ金利手数料も大きくかかってしまいます。

 

2つ目に、支払いが長期化するということです。少ない金額でリボ払いを利用するのであれば短期間で支払いが終わりますが、大きな金額でのリボ払いは支払期間が長期化します。支払いが長期化すると、その分金利手数料も大きくなってしまいます。

 

3つ目に、高額な支払いをしている感覚がなくなるということです。月々の支払金額が抑えられるということで高額な取引でも利用できますが、取引した金額自体が変わるものではありません。支払いが長期化すればその分支払う金額も大きくなってしまいます。

 

更に1つ注意したいことが、支払いが自動でリボ払いになっていることを把握しないままショッピング枠現金化を利用してしまうことです。クレジットカードの種類によっては自動でリボ払いに切り替わるものもあります。

 

リボ払いは便利な支払方法ですが、仕組みを理解しないまま使ってしまうと払わなくてもいい手数料を払ってしまう結果になりかねません。一度自分のクレジットカードの支払方法を確認しましょう。