債務整理とブラックリストの関係とは?

債務整理とブラックリストの関係とは?

借金問題を抱えている方の中には、債務整理を考えている方も多いでしょう。

 

しかしながら、債務整理について調べていると必ずといっていいほどブラックリストという言葉が登場します。

 

ここでは、債務整理とブラックリストの関係についてお話ししていきたいと思います。

 

そもそもブラックリストとは?

 

ブラックリストというと、黒いファイルのようなものを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

ブラックリストという名前の何かが存在していると思っている方は本当に多いものです。

 

しかしながら、実際に債務整理においてブラックリストというのは存在しません。

 

信用情報に事故情報が残ることをブラックリストに載る、ブラックリストに登録されるといった言い方で表現しているだけの話なのです。

 

債務整理をするとブラックリストに載ってしまう

 

債務整理をすると、信用情報に事故情報が残りますので、いわゆるブラックリストに載るという状態になります。

 

ブラックリストに載ってしまうと、「この人は債務整理をしましたよ」という情報が金融機関などで共有されることになりますので、借り入れをすることもできなくなりますし、クレジットカードを作ることもできなくなってしまいます。

 

債務整理というのは、返せなくなってしまった借金を整理するための最後の手段です。

 

言ってしまえば、借金を返せなくなってしまったときの特例のようなものですので、これくらいの制限はあって当たり前とも言えるでしょう。

 

一生ブラックリストに載り続けるわけではない

 

ブラックリストに載ると、借り入れができなくなり、クレジットカードも作れなくなります。

 

しかしながら、それが一生続くわけではありません。

 

どの債務整理の方法を選ぶかによっても違ってくるのですが、だいたい5年から10年で信用情報に残された事故情報が消えることになります。

 

ブラックリストからの卒業といったところでしょうか?

 

信用情報から事故情報が消えることによって、新たに借り入れもできるようになりますし、クレジットカードを作ることもできるようになるのです。

 

5年から10年というのは決して短い期間ではありません。

 

しかしながら、一緒その状態が続くわけではないと思えば、どうにか乗り切れるくらいの期間なのではないでしょうか。