債務整理と住まいについて

債務整理と住まいについて

債務整理にあたって住まいのことが気になっているという方も多いのではないでしょうか。

 

債務整理をすることによって住まいの確保が難しくなる、住宅ローンを組めなくなるといったことは、できることなら避けたいものです。

 

住まいというのは生活の基盤となるものですから、特に初めての債務整理との関係が気になるところです。

 

ここでは、債務整理と住まいについてお話ししていきたいと思います。

 

債務整理は賃貸物件の審査に影響するの?

今の時代、マイホームを持たずに賃貸物件を転々とするライフスタイルを実行している方も多いものです。

 

ただ、賃貸物件の場合、借りられなくなってしまうとアウトです。

 

債務整理をすることによってアパートやマンションとしった賃貸物件の審査に影響ができるのではないかと不安を抱えている方も多いでしょう。

 

しかしながら、賃貸物件の審査には影響しません。

 

というのも、そもそも不動産会社というのは個人信用情報をチェックできる立場にないのです。

 

債務整理で賃貸物件の審査に通らないということはありませんし、むしろ債務整理したということすら知られることはありません。

 

ただ、家賃の支払いでカード会社が条件になってくると難しいかもしれません。

 

というのも、そもそもカードの審査に通らないのです。賃貸物件を利用する際には、こういった部分にも気を付けておきましょう。

 

債務整理後でも住宅ローンは組めるの?

債務整理後にマイホームを持ちたいと思ったときに、住宅ローンを組むことはできるのでしょうか。

 

個人信用情報が抹消されれば、債務整理後であっても住宅ローンを組むことができます。

 

実際に、債務整理を経験したことのある方でも今では立派なマイホームを持っているという方は少なくありません。

 

ただ、住宅ローンにおいて注意しておきたいのがどこの金融機関の借り入れを債務整理したのかという部分です。

 

というのも、過払い金請求を含めて債務整理をおこなった金融機関では、住宅ローンを組むのが難しくなるのです。

 

言ってしまえば、前に揉めた相手には貸したくないというのと同じです。

 

もし住宅ローンを組もうと考えているのであれば、個人信用情報が抹消された後に過払い金請求や債務整理をおこなっていない金融機関で住宅ローンを組むようにしましょう。